ブイキューブロボティクスとデータセクションが業務提携
〜ドローン×AIによる警備・設備点検業務の完全自動化を目指す〜

2017年06月14日

株式会社ブイキューブロボティクス・ジャパン(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:出村 太晋、以下ブイキューブロボティクス)とデータセクション株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:澤 博史、以下データセクション)は業務提携し、ブイキューブロボティクスのドローンソリューションと、データセクションのAI技術を活用した映像解析技術を組み合わせ、警備・設備点検業務の完全自動化に向けたサービスを開発いたします。第1弾として、大規模太陽光発電施設の点検業務で実証実験を開始し、2017年内の商用化を目指します。今後は対象分野を拡大し、大規模な工場や社会インフラを保有する自治体・事業者向けにサービスを提供してまいります。


<共同開発するサービスのイメージ>

■背景
ドローンの業務活用への期待は様々な分野で高まっています。しかし現時点では、ドローンの操縦や撮影された映像の確認作業は人力で行われており、業務効率化の実現という点で課題があります。この課題を解決するべく、ドローンを活用した業務用ソリューションを展開しているブイキューブロボティクスと、ディープラーニングを活用した映像解析の商用化実績を保有するデータセクションが連携。警備・設備点検業務を効率化するサービスの実現に取り組みます。

■共同開発するサービス
ドローンで収集した映像を、映像解析技術で解析し、設備や施設の異常箇所を自動検出。異常が検出された位置情報と問題の種類をレポーティングするサービスを開発いたします。

実証実験中の大規模太陽光発電施設の点検業務では、定期的にドローンを航行させて映像を収集・解析し、ソーラーパネルの故障を無人かつ早期に検出することで点検業務の効率化を図ります。現時点ではパネル識別と異常個所の検出を実現しており、更なる精度向上に向けて開発中です。
(赤く塗りつぶされているパネルが故障し発熱している箇所)

■今後について
今後は、コンクリート構造物や鉄橋・鉄塔、道路等の点検や警備業務へと、順次、対象を広げていく予定です。さらに、ブイキューブロボティクスの持つ全自動運用ドローンシステム「DRONEBOX」と組み合わせることで、警備・設備点検業務の完全自動化を目指します。

■データセクションについて
2000年7月に設立され、世界に溢れる多種多様なデータを収集、分析し、実活用を見出す国内有数の企業です。保有するデータ基盤や分析技術をベースに、様々な企業におけるマーケティングリサーチや画像解析、企業間でのデータ共有の促進などを展開しています。データ分析に基づいた「より快適な社会」へと貢献できるよう、さらなる分野へ開拓していき、世界でも有数のデータ分析プラットフォーム企業を目指します。
URL:http://www.datasection.co.jp/

■ブイキューブロボティクスについて
2015年10月に設立され、ロボティクス領域において映像コミュニケーション技術とドローンコンピューティング技術を組み合わせたソリューション事業を展開しています。 専門的な操作技術を持たない人が誰でも簡単かつ安全にドローンをコントロールし、遠隔地・多拠点からリアルタイムにモニタリング・コミュニケーションを行い、即時に必要な意思決定ができる環境を実現させていきます。コミュニケーションの可能性をさらに拡げ、多くの日常業務をドローンに代替させていき、社会の中で当たり前のようにドローンが活用されている世界を創っていきます。
URL:http://www.vc-robotics.com/

Contactお問合わせ

V-cube Roboticsへのお問合わせは、
以下のリンク先のフォームからお願いいたします。

Contact Form